物流関係のアルバイトをしようと考えている人へアドバイス。引越し作業員の一日から、作業前の準備に関して絞って紹介。

物流関係のアルバイトをしようかと考えている人も多いかと思います。物流の仕事には、宅配や引越し、倉庫内作業などがあります。
ここでは、特に引越しのアルバイトをしようかと考えている人向けに、とある会社の、普段は知られることが少ない引越しの作業員の一日の中から、作業場所に着いた後から作業を開始する前にすることや、その注意点について紹介していこうと思います。

事務所で朝礼を済まし、各自担当の場所別のグループに分かれてトラック等で作業場所へ向かいます。作業場所へ到着したら、まず何よりも最初にすることは、トラックの周囲の四方に三角コーン(作業員の間では、パイロンと呼ばれたりもする)を設置することです。
この作業を怠ると、安全確保上の観点から好ましくないので、確実にこの作業をするように注意します。この三角コーンは普通トラックの荷台の最も手前側に配置してあるので、まず一番に気づくようにはなっています。その後に担当するお客様のところへ行き、あいさつと担当する作業員の紹介をします。
それが終わると、荷物を運ぶ際に周囲のものを傷つけないように、階段や玄関や、ドア、荷物が通過する通路の周りの壁などにボードのようなものを設置し、保護します。

作業先がマンションやアパートであれば、マンションの入り口や共用廊下、エレベーターホールやエレベーター内部など、荷物を運ぶことによって傷つけてしまう可能性があるところには、すべて同様に保護をします。これで、作業前の準備は完了です。
引越しのアルバイトをしようと考えている人は、ぜひこれを参考にして頑張ってください。

イメージ

千葉でバイトしたいあなたへ!バイトルがとても便利です!